(続)女の子がデート後に音信不通にならない方法!デート前にできる予防法とは?

こんにちは、元ホストのかいとです。

昨日は女の子がデート後に音信不通になってしまう原因と対処法をデート中の振る舞いから解説しました。

前回記事:『デートで良い雰囲気だった女の子が音信不通になった!その原因と対処法を解説する。』

今回の記事は、
デートの前の連絡段階で、デート後の音信不通を防止する方法を紹介します。

前回記事の内容と掛け合わせて使うことで、効果が倍増します。
まだ前回記事を読んでない人は、先にそちらを読んで貰えれば幸いです。

前回記事と同様に、マッチングアプリを経由して女の子と出会った場合を想定して解説します。

とはいえ、合コンや紹介など、あらゆる出会いの形に応用できるノウハウなのでご安心を。

では本題。

女の子がデート後に音信不通になる理由

最初に前回記事のおさらいです。

ここではサラッと触れるだけに留めるので、詳細に知りたい方は先に前回記事を読んでください。

女の子がデート後に音信不通になる理由は以下の2パターンです。

パターン1:そもそも女の子からの好感度が高くなかった。

パターン2:高感度は高かったが、他の男の存在であなたの印象が風化した。

今回紹介するノウハウは主にパターン2に対して予防線を張る方法です。

そもそもパターン2で音信不通になってしまう女の子は、男と会うこと自体が目的となってしまっているケースが多いです。

会うことに目的意識が向いているので、初回デートをした時点で目的が達成されてしまいます。

そこで目的意識が途切れるので、たとえSEXをしたとしてもそれっきりの関係で終わり、2回目のデートに誘う頃には印象が風化して音信不通になっている。

というパターンです。

では、どうすれば良いのか?

それはデート前の連絡段階で、
「会うこと」から「良い関係を築くこと」に女の子の目的意識が切り替わるように誘導するのです。

そうすれば、初回のデートを終えた時点で、あなたの印象が風化してしまう可能性を大幅に抑えることができます。

「初回のデートはあくまで通過点、私たち2人の物語はこれから始まる」と女の子が認識していれば、音信不通になってしまう可能性はかなり下がるからです。

そんなことが可能なのか?

それが実は可能なんです。

ここからは具体的な方法を解説していきます。

女の子の目的意識を切り替える方法

ここでは、デート前のLINE通話やアプリ通話で女の子の目的意識を切り替えることを狙います。

初回デート日を迎える前に女の子の目的意識が切り替わっていることが理想だからです。

(ちなみに、アプリを経由した出会いの場合は特にマッチして間もない段階と、デートの前日や数日前に通話をしておくことが重要です。ライバルとの差別化、ドタキャン防止、信頼関係の構築、声色や発言内容から食いつきのモニターなどの観点で。)

この通話で何をするかというと、会話が弾み、信頼関係が作れてきたタイミングで、2人の明るい未来を連想させるトーク(通称:未来トーク)を会話の節々に散りばめます

「〜にも行ってみたいよね。」とか「一緒に料理したら楽しそう」とかそんなトークです。

このような未来トークをしておくことで、自分達は会うことが目的ではなくて、中長期的に良い関係を築いていくことが目的である、と女の子の潜在意識に刷り込むことができます。

注意点

もちろん、これらの未来トークは女の子からの好感度がゼロの状態では全く機能しません。

むしろ、全く興味のない相手から「二人の未来のイメージ」なんて押し付けられてもウザいだけです。

なので、この未来トークを挟むタイミングとしては、通話をしていく中で会話が弾み、ある程度の信頼関係が作れて、わずかでもこちらに対する食いつきが出てきたタイミングが有効です。(食いつき=好感度を示す反応のこと。)

食いつきの有無を正確に把握するのは難しいですが、アプリを経由した出会いであれば「(写真を見て)カッコいい」「話してると楽しい」「早く会いたい」などの発言や追撃LINEがあれば一定の食いつきがあると判断します。

そういった食いつきを示す発言が無い段階では、未来トークはむしろ悪手なので控え、とにかく女の子を楽しませることに注力します。

また、通話の段階で未来トークができるほどの好感度上げができなかった場合は、デート中の会話の中で未来トークを挟んで下さい。

ここでも、相手から一定の食いつきがあることを確認した上で、未来トークをすることが望ましいので、デートの中盤〜終盤あたりに挟むことが無難です。

特に、ホテル打診前の未来トークは「次回もあるんだ」と女の子に思わせることができるので、“ヤリモク感”や“ヤリ捨てされる恐怖”を払拭し、ホテル打診を通しやすくする効果もあります。

また、SEX後のピロートークで未来トークをすれば、「この人は次のこともちゃんと見据えた上で抱いてくれた」と安心感と好感度上げを行うことができます。

まとめ

最後に簡潔に内容をまとめます。

【女の子がデート後に音信不通になる理由】

パターン1:そもそも女の子からの好感度が高くなかった。

パターン2:好感度は高かったが、他の男の存在であなたの印象が風化した。

パターン2が招かれる原因と1つとして、女の子の目的意識が“会うこと”に向いてしまっていることがある。

なので、女の子の目的意識が“会うこと”から“良い関係を築くこと”に切り替わるように誘導する。

【女の子の目的意識を切り替える方法】

デート前のLINE通話やアプリ通話の段階で未来トークを挟んでおく。

未来トークをすることで「初回のデートはあくまで通過点、私たち2人の物語はこれから始まる」と女の子に認識させる。

【注意点】

未来トークは相手からの好感度が無い段階では機能しない。

相手からの食いつきが感じられたタイミングで行うこと。

通話の時点で食いつきが不足していた場合は、好感度上げに注力して、未来トークはデートの中盤〜終盤に挟むことが有効。

SEX前後の未来トークには、ホテル打診を通しやすくする効果や、好感度上げの効果もある。

今回の記事は以上です。

メルマガではアプリを利用して女の子を大量にゲットする方法や、魅力的な男になるためのノウハウを数多く公開しているので、登録していない方はメルマガもぜひ読んでみて下さい。

この記事の一番下からメルマガに無料登録できます。

 

それでは!

かいと

恋愛の本質を徹底的に学ぶ為のメールマガジンを無料公開中!

僕はいじめられっ子の冴えない非モテでしたが、
恋愛修行を通して人気ホストになることができました。
ぶっちゃけ、超怪しいと思います。
お前は特別だったんだろ、みたいなことも言われたこともあります。

でも、僕は本当にホストになる前は彼女はおろか、性別を問わず友達すらいませんでした。
超人見知りだし、喋るのも下手だし、外見もナヨナヨしてて、いかにも雑魚キャラでした。
まして、女の子を魅了することなんて絶対にできないような人間でした。

そんな僕でも恋愛を学問として学び、行動することで、アルバイトの身でありながら月150万円を売り上げることができました。
ホストを引退した今でも、男として凄く自信を持てているし、恋愛を通して人生が豊かになったと確信しています。
結局、恋愛も体型的に学べば攻略可能なんですよね。

どんな人でも素敵な恋人は作れるし、
正しく学んで、行動すれば、別人のように生まれ変わることができるんです。

僕が恋愛修行で歩んだ道のりは、下記の記事から読むことが出来ます。

【元非モテ男子の懺悔と活動理念】

僕の理念に共感してくれた方に向けてメールマガジンも配信してます。

僕が人生を賭けて学んだ恋愛の本質的な情報を毎日届けます。無料です。

【かいとの公式メールマガジン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA